実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は短く,しかも,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。  私たちの土台を築いているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくはありません。しかし,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

【実り多い幸せな人生に関する名言等 588】

「ことばは,人に悪い気持ちを起こさせるような下品なものであってはならない。」,「事実をそのまま伝えて,かえって相手の人の気持ちを損なうような場合には,立派な人は語らない」,「自分を苦しめず,また他人を害(そこ)なわないようなことばのみを語れ。」(『原始仏典』,中村元筑摩書房

 

○私たちには,自分の意見を自由に表明する権利があるのかも知れませんが,その権利の中に,他者を誹謗(ひぼう)中傷したり,他者に罵詈(ばり)雑言を浴びせたりする権利は含まれていないはずです。他者,特に,自分より幸せそうに見える他者の悪口を言うことは,多少の憂さ晴らし(鬱憤晴らし)にはなるのでしょうが,そのことによって何か建設的な結果がもたらされるなどということはあり得ません。たとえ相手に責められるべき非があったとしても,愛情や真心に裏打ちされていない言葉は相手の心に届きませんし,厳しく非難するだけでは,かえって素直に反省することを難しくさせてしまうだけなのではないでしょうか。そもそも,私たちは,他者と支え合い,助け合ってしか生きていられないのであり,私たちと他者は持ちつ持たれつの相互依存関係にあるわけですから,「人を呪わば穴二つ」とも言うように,他者を害する行動は,回り回っていつかは必ず自分を害することにつながってきます。自分自身のためにも,他者を誹謗中傷したり,他者に罵詈雑言を浴びせたりすることは,是非やめたいものです。(3)(17)(19)関連