実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は短く,しかも,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。  私たちの土台を築いているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくはありません。しかし,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

【実り多い幸せな人生に関する名言等 561】

「私の作品は世にもてはやされるようなことはなかろう。そんなことを考えてみたり,そのために憂身(うきみ)をやつしたりする人間は間違っているよ。私の作品は大衆のために書いたものではなく,同じようなものを好んだり求めたり,同じような傾向をとろうとしているほんの一握りの人たちのためのものなのだ。(ゲーテ)」(『座右のゲーテ』,齋藤孝,光文社)

 

○日本人は,他者からの評価や世間の評判を過度に気にしやすい国民であると言われていますが,それらのほとんどは,ちょっとしたことですぐに手のひら返しに変わってしまうような無責任でいい加減なものです。そんなものに振り回されて,自分の信念を捻(ね)じ曲げてしまったり,自分が進むべき道を見失ってしまうことほど馬鹿らしいことはないのではないでしょうか。他者からの評価を多少は気にするにしても,その際に重視すべきは,評価する人の数ではなく質なのではないでしょうか(多数決の結果も含め,多数者の評定がいつでも正しいとは限りません。)。いずれにしても,自分の可能性を十分に花開かせ,実を結ばせ,思い残すことのない充実した人生を送りたいと願うのであれば,他者からの評価や世間の評判など余り気にせず,自分の信念を貫き通すこと(自分が本当に納得することのできる生き方を貫き通すこと)や,自分が進むべき道を邁進(まいしん)すること(自分が本当にやりたいと思える好きなことを見つけ,そこに見いだした自分なりの目標や理想に向かって邁進すること)にこそ,気持ちを集中し,力を注ぐべきであると思います。(14)関連