実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は,すなわち,この世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。私たちの土台を築いているのは過去の経験,さらに言えば遺伝であり,また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくはありませんが,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能であり,また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第で可能です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように! *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

人間の幸不幸は心の持ち方次第であり,どのような境遇にあっても幸せであり続けられるように自分の心持ちを改めることにこそ時間やエネルギーを使うべきである。

 私たちは,何も特別なことがなくても(例えば,人が羨むような社会的成功を手に入れなくても),いつもと変わらない毎日を送っていても,たとえ,ままならない人生に苦しさやつらさを味わっていたとしても,ふとした瞬間にしみじみと幸せを感じ,場合によっては圧倒されるくらいの幸せを感じ,胸が熱くなることがあります。また,同じような境遇にあっても,その境遇に満足し,常に満ち足りた気持ちで機嫌よく(心穏やかに笑顔で)暮らしている人もいれば,その境遇に満足できず,むしろ,その境遇を不満として,常に不満を抱えながら不機嫌に(いらいらしながらしかめっ面で)暮らしている人もいます(機嫌の良い人が,周囲の人たちから親しまれやすいだけでなく,周囲の人たちをも愉快な気持ちにさせ,機嫌よくさせる傾向があるのとは逆に,不機嫌な人は,周囲の人たちから疎んじられやすいだけでなく,周囲の人たちをも不愉快な気持ちにさせ,不機嫌にさせる傾向があります。その意味で,不機嫌であるということは一種の迷惑行為,社会人としてのマナー違反であると言えます。真っ当な社会人であることを望むのであれば,他者や社会の役に立ち,他者や社会に益をもたらすことをこそ心がけるべきであり,少なくとも,他者や社会に迷惑を掛けたり,害をもたらしたりするようなことは,できる限り控えるべきなのではないでしょうか。)。

 要するに,人間の幸不幸は,心の持ち方(心構えや心がけ)次第なのではないでしょうか。すなわち,自分が今ここでこうして生きていられることの有り難さに常に深く思いを致し,心から感謝する習慣を身に付けるなどして幸せに対する感度を研ぎ澄まし,日々怠ることなく磨き続けることさえできれば(これは自分の意志や努力で十分に可能なことです。),生まれ育った境遇や,現在自分が身を置いている境遇などとは関係なく,幸せを感じる瞬間はどんどん増えていき,やがては普通の平凡な人生にさえ生きる喜びや幸せを無限に見いだせるようになり,ひいては,生きていることそれ自体に幸せを感じられるようになるのではないでしょうか。

 また,ただ普通に呼吸をしたり,歩いたり,食事をしたり,きれいな景色を眺めたり,誰かと笑顔を交わしたり,スーパーで買い物をしたりすることにさえ深い幸せを感じられるようになるなら,欲望の肥大化が自然に抑えられるとともに,「仁者は憂えず」と言うように,どのような逆境にあろうとも,どのような困難や苦労に見舞われようとも,それらを試練と受け止め(「艱難(かんなん)汝(なんじ)を玉にす」,「おだやかな海は上手(じょうず)な船乗りを作らぬ」,「若い時の苦労は買ってもせよ」などと,困難や苦労を前向きに受け止め),乗り越えていくことが可能になるのではないでしょうか。もちろん,境遇が私たちに与える影響は決して小さくありませんが,どのような逆境にあろうとも,自分は幸せであると感じているなら,その本人は,他者の目にどのように映ろうとも幸せなのですから,私たちの幸不幸を決めるのは,最終的には境遇ではなく,その境遇をどのように受け止めるのか,どのような心構えや心がけで生きるのか,ということなのではないでしょうか。実際,物事の受け止め方や心の持ち方が変わらない限り,自分が身を置く境遇がいくら変わっても不幸な状況(自分は不幸であるという思い込み)からなかなか抜け出せないという例はしばしば見られます。

 そもそも,境遇を自分の思い通りに変えることなど不可能なのですから,私たちは,どのような逆境にあろうとも,ひねくれたりへこたれたりすることなく,常に感謝する気持ちを忘れずに足るを知り,生きていることそれ自体に幸せを感じられるように,幸せに対する感度を高める方向に自分の心の持ち方を改めることにこそ限りある大切な時間やエネルギーを使うべきであると思います。境遇を自分の思い通りに変えようとすることは,無駄な骨折り(「骨折り損」)というだけではなく,境遇を自分の思い通りに変えることに時間やエネルギーを浪費すればするだけ,被害者意識や他罰的(他責的)な傾向を強めるとともに,不平不満,妬みそねみ,恨みつらみ,失意失望,自暴自棄といった心理状態に自分を追い込み,自分は不幸であるという思い込みを生じさせ,自分が幸せであることに気づくことが難しくなってしまうと思うからです。