実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は短く,しかも,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。  私たちの土台を築いているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくはありません。しかし,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

【実り多い幸せな人生に関する名言等 527】

「あなたは多くのことに心を煩わせ,かき乱されている。しかし必要なのは一つなのだ。」(『新約聖書』,新約聖書翻訳委員会訳,岩波書店

 

○私たちにとって一番大切なことは,自分が幸せであるということなのではないでしょうか。人生が,生きる喜びや希望に満ちた幸せなものでなかったとしたら,私たちはいったい何のために生きているのでしょうか。人生が,ただ苦しくてつらいだけのものであったとしたら,たとえどれだけ長生きできたとしても,せっかくこの世の中に生まれてきた甲斐(かい)がありません。私たちは,自分が幸せであることをこそ,人生の最優先課題とすべきなのではないでしょうか。自分と他者を比較したり,他者と競い合って社会的な成功を追い求めたりする暇があるなら(自分と他者を比較したり,他者と競い合って社会的な成功を追い求めているだけでは,きっと幸せは遠ざかる一方です。),自分が幸せであることにこそ,関心を払い,限りある大切な時間やエネルギーを使うべきなのではないでしょうか。まずは,幸せとは何かということを,真剣に考え,正しく見極められるようになりたいものです。(2)関連