実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は,すなわち,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。    私たちの土台を作っているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくありません。しかし,それらによって私たちの人生のすべてが決まってしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。実際,過去を変えることはできませんが,現在や未来なら,自分の意志や努力によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志や努力次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,どのような現在・未来を実現しようとするのか,どのような心構えや心がけで生きていくのかを決めるのは自分なのですから,自分の人生に責任を持つ覚悟や,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志がある限り,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。        皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!

【実り多い幸せな人生に関する名言等 499】

「幸せは伝染する」(『老活の愉しみ』,帚木蓬生,朝日新聞出版)

 

○常に不満を抱えて不機嫌にしている人が,周囲の人たちから疎んじられやすいだけでなく,周囲の人たちをも不愉快な気持ちにさせ,不機嫌にさせがちであるのに対し,常に満ち足りた気持ちで上機嫌にしている人は,周囲の人たちから親しまれやすいだけでなく,周囲の人たちをも愉快な気持ちにさせ,上機嫌にさせがちです。したがって,私たちは,真っ当な社会人であることを望むのであれば,常に満ち足りた気持ちで上機嫌に暮らすことをこそ心がけるべきなのではないでしょうか(そのように暮らすことができるか否かは,最終的には心の持ち方次第なのですから,その気になりさえすれば誰にでも可能なことです。)。他者に害を与えたり,迷惑を掛けたりするような有害無益な生き方ではなく,他者に益をもたらすような,少なくとも「己の欲せざるところは人に施す勿(なか)れ」というような有益無害な生き方をこそ心がけたいものです。「情けは人の為(ため)ならず」と言うように,他者を益する振る舞いは,必ず回り回って自分を益することにつながり,逆に,他者を害する振る舞いは,必ず回り回って自分を害することにつながるはずです(「人を呪わば穴二つ」と言います)。(2021年7月25日)(7)(10)(19)関連