実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は,すなわち,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。    私たちの土台を築いているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくはありません。しかし,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

【実り多い幸せな人生に関する名言等 485】

「健康な自信と,不健康な慢心を隔てる壁はとても薄い。」(『走ることについて語るときに僕の語ること』,村上春樹文藝春秋

 

○人間は自惚(うぬぼ)れやすい生き物であり,自分を実際以上に見積もりがちですが(未熟な若者が劣等感に押し潰されることなく自信を持って前向きに生きていくためには,多少の自惚れは必要なのでしょうが),自分が無知であり,未熟であることの自覚を失い,慢心してしまえば,そこで成長(成熟)や向上は止まってしまいます。そして,成長や向上が止まれば,あとは退歩・退行し(未熟な状態に逆戻りし),堕落する一方となり,自信や誇りを持って生きることがかえって難しくなってしまいます。何歳になっても自分を人間的に成長・向上させ続け,自分の人生を自信や誇りを持って生きられるようになるためにも,自分が無知であり,未熟であるという自覚を決して失わないようにしたいものです。人間は自惚れやすい生き物であるという事実をしっかり心に刻むことによって,初心を忘れることなく,謙虚さを失わないようにしたいものです。(2021年7月11日)(12)関連