実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は短く,しかも,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。  私たちの土台を築いているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくはありません。しかし,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

【実り多い幸せな人生に関する名言等 476】

「幸福は簡単に手に入るものではないが,どんな境遇のどんな人にとっても求めて得られないものではない」(『幸福とは何か』,長谷川宏中央公論新社

 

○生きているということは一つの奇跡であり,その有り難さに気づくことさえできれば(その気づきに伴う感動や感謝の気持ちを忘れさえしなければ),私たちは誰もが幸せになれるのではないでしょうか。そして,生きていることそれ自体に幸せを感じられるようになるなら,私たちはどのような逆境にあろうとも,どのような不運に見舞われようとも,幸せであり続けることが可能になるのではないでしょうか。生まれ付き不幸な人間などいませんし,このような境遇に生まれ育てば,あるいは,このような境遇に身を置けば必ず不幸になるというような境遇などありません(人間の幸不幸が境遇によって決まってしまうとしたら,境遇に恵まれない人間は一生不幸のままということになってしまいます。)。生きていることそれ自体に幸せを感じられるように自分の心の持ち方を変えることは,「言うは易(やす)く行うは難し」であるかも知れませんが,境遇を自分の思い通りに変えることなどに比べれば,はるかに容易(現実的)であり,実現可能性の高いことです。時間は掛かるかも知れませんが,自分が今ここで生きていられることの有り難さに常に深く思いを致し,心から感謝する習慣を身に付けるなどして,いつかは生きていることそれ自体に幸せを感じられるようになりたいものです。(2021年7月1日)(前書き)(1)(6)(7)(9)関連