実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は,すなわち,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。    私たちの土台を築いているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくありません。しかし,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

【実り多い幸せな人生に関する名言等 460】

「堪え難い心の動揺に,どうして堪えるか。逃げず,ごまかさず,これに堪え抜く,恐らくたった一つの道は,これを直視し,その性質を見極め,これをわが所有と変ずる,そういう道だ。」(『小林秀雄全作品 28(本居宣長)』,新潮社)

 

○人間の欲望や感情や思考は,人間が生きている証(あかし)であり,生きている以上それらをなくすことはできません。しかし,自分の欲望や感情や思考に対して常に心を開き,関心を払い,理解を深めることによって,それらをある程度は自分の意志でコントロールすることが可能になる分,それらに振り回されてしまう危険性は少なくなると思います。欲望や感情や思考に振り回されて道を踏み外してしまわないようにするためにも,常日頃から,自分の欲望や感情や思考については,それらを無視したり,ごまかしたりすることなく,しっかりと直視し,自分自身のものとして受け止め,その本源(本質)を見極めるための努力を怠らないようにようにしたいものです。欲望や感情や思考をなくすことはできなくても,それらを自覚し,その本源を見極めることによって,それらは自分の意志でコントロールしやすいものになるというだけでなく,より穏やかで,より偏りのないものに変化していく可能性があると思います。(2021年6月14日)(4)(8)関連