実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は,すなわち,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。    私たちの土台を築いているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくはありません。しかし,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

【実り多い幸せな人生に関する名言452】

「わるい行為をつつしむのは人を傷つけるからだけではない。自分も傷つくからである。」(『ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想入門』,ウィリアム・ハート,太田陽太郎訳,春秋社)

 

○私たちは,他者の支えや助けがあればこそ生きていられるのであり,私たちと他者は持ちつ持たれつの相互依存関係にありるのですから(その意味で,私たちと他者は一体なのですから),他者を競争相手(敵)と見なして足を引っ張り合ったり,傷つけ合ったりするような生き方ではなく,他者を協力相手(味方)と見なして助け合ったり,力づけ合ったりするような生き方こそが,人間として自然で真っ当な生き方と言えるのではないでしょうか。「情けは人の為(ため)ならず」とも言うように,他者を大切にし,他者を益する行動は,必ず回り回って自分を大切にし,自分を益することにつながってくると思いますし,逆に,「人を呪わば穴二つ」とも言うように,他者を粗末に扱い,他者を害する行動は,必ず回り回って自分を粗末に扱い,自分を害することにつながってくると思います(そもそも,人間は,悪行ばかりを繰り返していれば,自分を肯定し続けることが難しくなり,いつしか自分を否定し,自分をないがしろにするようになってしまうのではいでしょうか。)。豊かで安全で便利な社会で生活していると,人間は独りでは生きられないと事実をついつい忘れてしまいがちですが,実際には,数知れぬ他者の直接的・間接的な支えや助けがなければ私たちは生きていられないのですから,その事実をしっかり心に刻み,忘れないようにしたいものです。(2021年6月6日)(3)(11)(19)関連