実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は短く,しかも,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。  私たちの土台を築いているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくはありません。しかし,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

【実り多い幸せな人生に関する名言等 399】

「かんじんなことは,目には見えない。(サン・テグジュペリ)」(『教養が滲み出る 極上の名言1300』,斎藤茂太監修,日本文芸社

 

○「大きな幸せ」は派手で目立つため,私たちはどうしても,「大きな幸せ」に注目し,「大きな幸せ」を追い求めてしまいがちです。しかし,「大きな幸せ」が手に入ることは極めて稀(まれ)ですし,たとえ手に入ったところで,「大きな幸せ」は意外に底が浅く,すぐに色褪(いろあ)せてしまうような種類の幸せなのではないでしょうか。他方,「小さな幸せ」は地味で目立たないため,私たちはどうしても,「小さな幸せ」を見過ごしやすく,また,軽んじてしまいがちです。しかし,「小さな幸せ」は,心の目を曇らせさえしなければ人生の至る所に見いだすことが可能ですし,意外に底が深く,簡単には色褪せることのないような種類の幸せです。したがって,本当に幸せな人生を送りたいと願うのであれば,「大きな幸せ」ではなく,「小さな幸せ」をこそ大切にすべきなのではないでしょうか。人生に隠されている(埋もれている)無限とも言える「小さな幸せ」に気づけるようになり,常に幸せを感じていられるようになるためにも,「大きな幸せ」に惑わされて心の目を曇らせないように(欲に目をくらませないように)心がけつつ,自分が今ここでこうして生きていられることの有り難さに常に深く思いを致し,心から感謝する習慣を身に付けるなどして,幸せに対する感度を高め,磨き続けるための努力を怠らないようにしたいものです。(2021年4月9日)(7)(8)関連