実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は短く,しかも,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。  私たちの土台を築いているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくはありません。しかし,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

【実り多い幸せな人生に関する名言等 390】

「人間は努力する限り迷うものである。(ゲーテ)」(『教養が滲み出る 極上の名言1300』,斎藤茂太監修,日本文芸社

 

○人生に困難や苦労は付き物であり,特に,自分の人生を自分の努力によって切り開こうとしている人や,自分を人間的に成長(成熟)・向上させようと努力し続けている人にとっては,困難や苦労が途切れることはほとんどないのではないでしょうか。しかし,自分の人生を他者任せ,運命任せにしてしまったり,自分を人間的に成長・向上させることをやめてしまったりしたら,努力をしないで済む分,楽になるかも知れませんが,それでは自分が生きている意味,自分がこの世の中に生まれてきた意味がなくなってしまいますし,自分の可能性を十分に花開かせることも難しくなってしまいます。私たちは,自分の人生を自分の意志に基づいて主体的に切り開いていこうと努力するからこそ,環境や遺伝や過去の経験などの奴隷になることなく,自分が望む人生を送ることが可能になるのであり,また,何歳になっても自分を人間的に成長・向上させようと努力し続けるからこそ,思い残すことのない充実した人生を送ることができるのではないでしょうか。人生の主人公はあくまでも自分なのですから,人生の主導権(どのような人生を送るのかを選択する権利)だけは決して手放すべきではありませんし,たった一度きりの人生なのですから,人生に大きな悔いを残すような生き方だけは絶対に避けるべきであると思います。(2021年3月31日)(前書き)(9)(11)(13)(15)関連