実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は,すなわち,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。    私たちの土台を築いているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくはありません。しかし,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

【実り多い幸せな人生に関する名言等 364】

「感謝はものごとを「肯定的に見る」ことでもある。・・・これでいいのだ,と思えるのが感謝だ。」(『ぼくたちに,もうモノは必要ない。増補版』,佐々木典士,筑摩書房

 

○恵まれない境遇に生まれ育つなどして,世の中全般を過度に否定的に捉えるようになってしまったために,自分が今ここでこうして生きていられることの有り難さに深く思いを致すことができず,自分は不幸であると思い込むようになってしまっている人たちがいます。しかし,このような境遇に生まれ育てば必ず不幸になるというような境遇など絶対にありません。また,世の中に否定的な側面があるのは事実ですが,肯定的な側面があるのも動かしようのない事実です。世の中の否定的な側面にしか目を向けないのは,世の中の肯定的な側面にしか目を向けないのと同じく,余りにも偏った公平性(公正性)を欠いたものの見方と言えるのではないでしょうか。自分が今ここでこうして生きていられることの有り難さに深く思いを致し,心から感謝できるようになり,自分が幸せであることに(生きているということは,ただそれだけで幸せなことなのだと)気づけるようになるためにも,世の中の肯定的な側面にも広く目を向けられるようになりたいものです。私たちは,人間や人生を否定し,不幸になるためにではなく,人間や人生を肯定し,幸せになるためにこそ生きているのであり,この世の中に生まれてきたのですから。(2021年2月27日)(5)(9)関連