実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は,すなわち,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。    私たちの土台を作っているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくありません。しかし,それらによって私たちの人生のすべてが決まってしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。実際,過去を変えることはできませんが,現在や未来なら,自分の意志や努力によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志や努力次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,どのような現在・未来を実現しようとするのか,どのような心構えや心がけで生きていくのかを決めるのは自分なのですから,自分の人生に責任を持つ覚悟や,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志がある限り,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。        皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *小山大吉は,Amazonのアソシエイトとして,適格販売により収入を得ることが可能になっています。

【実り多い幸せな人生に関する名言等 287】

「全体は個人のために,個人は全体のために存在する。(デュマ)」(『座右の銘』,「座右の銘」研究会編,里文出版)

 

○私たちは,数知れぬ他者の直接的・間接的な支えや助けがあってこそ生きていられるのであり,他者と無関係に独りで生きていくことはできません。恵まれない境遇に生まれ育った人は,自分は誰にも頼らず,これまで独力で生きてきたし,これからも独力で生きていくと思いがちですが,実際には,私たちは支え合い,助け合いながら生きているのであり,自分独りの力で生き続けることなど誰にもできません(無人島に置き去りにされた赤ん坊を想像すれば誰にでも分かることです。)。この事実を正しく認識しさえすれば,他者を競争相手(敵)と見なして他者と張り合い,他者と足を引っ張り合うような生き方ではなく,他者を協力相手(味方)と見なして他者と助け合い,他者と幸せを分かち合うような生き方こそが,人間として自然で真っ当な生き方であると分かるのではないでしょうか。私たちと他者は一体なのであり(そもそもこの宇宙自体が,本(もと)を正せば一つのものから分化・発展したものであると言われています。),他者を益することは回り回って必ず自分を益することにつながるのですから(逆に,他者を害することは回り回って必ず自分を害することにつながるのですから),他者に対する支援や協力は自ら進んで積極的に行うようにしたいものです(他方,他者に害を与えたり迷惑を掛けたりする行動は極力控えるようにしたいものです。)。(2020年12月2日)(11)(14)(17)(19)関連