実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は短く,しかも,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。  私たちの土台を築いているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくはありません。しかし,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

【実り多い幸せな人生に関する名言等 267】

「世のなかは君の理解する以上に光栄にみちている。(チェスタートン)」(『座右の銘』,「座右の銘」研究会編,里文出版)

 

○生きている(この驚異的に豊かな社会において,数知れぬ他者の直接的・間接的な支えや助けを得ながら,神秘的とさえ言える人体の精妙な仕組みや働きに守られて生きている)ということは一つの奇跡であり,この世の中にこれ以上の奇跡はないのではないでしょうか。そして,この世の中に生まれてこれたこと(生きるチャンスを与えてもらえたこと)の有り難さや,自分が今ここでこうして生きていられることの有り難さに気づき,心の底から感謝できるようになるなら,この世の中は生きる喜びや幸せに満ち満ちた生活の場になるのではないでしょうか。確かに,人生はままならないものであり,人生に困難や苦労は付き物ですが,決して人間に対する信頼や人生に対する希望を見失い,自棄(やけ)を起こしてしまってはいけないのだと思います。私たちはきっと,人間や人生を否定するためにではなく,人間や人生を肯定するためにこそこの世の中に生まれてきたのであり,生きているのですから。(2020年11月12日)(2)(6)(7)(9)(14)関連