実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は,すなわち,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。    私たちの土台を作っているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくありません。しかし,それらによって私たちの人生のすべてが決まってしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。実際,過去を変えることはできませんが,現在や未来なら,自分の意志や努力によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志や努力次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,どのような現在・未来を実現しようとするのか,どのような心構えや心がけで生きていくのかを決めるのは自分なのですから,自分の人生に責任を持つ覚悟や,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志がある限り,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。        皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

【実り多い幸せな人生に関する名言等 247】

「空(から)の器がもっとも音をたてる(イギリスのことわざ)」(『座右の銘』,「座右の銘」研究会編,里文出版)

 

○物事を深く知れば知るほど,分からないことも増えていき,無口になっていくのが自然なのではないでしょうか。実際,人生経験を積んだ(人生について深い知識を有する)老人は人生経験の浅い(人生についての知識が浅い)若者に比べて口数が少ないのが普通です。黙っていることが難しく,とかく自分の知識をひけらかしたり,何事にも口を挟もうとしたりするのは,物事を浅くしか知っておらず,生半可な知識を得て自分は何でも分かっていると勘違いしてしまっていることの証左と言えるのではないでしょうか。もちろん,私たちには自分の意見を自由に表明する権利があるわけですが,「口は災いの元」とも言いますし,不用意な発言が他者の心を取り返しがつかないほど深く傷つけてしまうこともしばしばあります。特に,否定的・批判的な発言をする際には,自分が生半可な知識しか持っていない可能性があることを謙虚に認めた上で,慎重の上にも慎重を期すようにしたいものです。(2020年10月23日)(3)(12)(17)関連