実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は,すなわち,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。    私たちの土台を築いているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくありません。しかし,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

【実り多い幸せな人生に関する名言等 203】

「政治権力や社会的栄達としあわせとを結びつけるのは,いかにも俗っぽい幸福観だが,そうした幸福観が洋の東西を問わず,それなりに社会に根を張っていることは否定できない。」(『幸福とは何か』,長谷川宏中央公論新社

 

◯人間の欲は切りがなく,強い意志を持って欲を抑えない限り,満ち足りるということがありません。そして,常に不満を抱え,自足することのできていない人間は,とかく自分と他者を比較しては,他者より多くの財産,他者より高い地位,他者より大きな権力や名声などを手に入れようと,あくせくしてしまいがちです。しかし,それらを手に入れたところで,満ち足りた人生を送れる保証などどこにもありませんし,多くの場合,自分の思い通りにはそれらを手に入れられないことで,満ち足りない気持ち(不平不満や他者に対する妬み・恨みなども含めて。)をますます募らせてしまうのが落ちなのではないでしょうか。そのような経験を何百年,何千年と繰り返しながら,人類はなぜこれまでの生き方を改めようとはしないのでしょうか。そろそろ,適切な形で自分の欲を抑え,自足できるようになることで,満ち足りた幸せな人生を選択できるようになりたいものです。(2020年9月9日)(1)(4)(14)(18)(20)関連