実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は,すなわち,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。    私たちの土台を作っているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくありません。しかし,それらによって私たちの人生のすべてが決まってしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。実際,過去を変えることはできませんが,現在や未来なら,自分の意志や努力によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志や努力次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,どのような現在・未来を実現しようとするのか,どのような心構えや心がけで生きていくのかを決めるのは自分なのですから,自分の人生に責任を持つ覚悟や,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志がある限り,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。        皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!

【実り多い幸せな人生に関する名言等 177】

「およそ真に偉大な事業は,徐々に,目立たぬように達成される。(セネカ)」(『文読む月日(上)』,トルストイ,北御門二郎訳,筑摩書房

 

◯幸せであるために,人が羨むような大きな成功を手に入れる必要などありませんし,実り多い人生を送るために,人目を引くような派手なパフォーマンスをする必要などありません。幸せであるためには,生きれていることそれ自体に幸せを感じられるようになることこそが大切なのであり,実り多い人生を送るためには,他者からの評価に振り回されることなく,自分が信じる理想に向かって(より善い生き方を目指して)前進し続けることこそが大切なのではないでしょうか。大きな成功を手に入れることよりも,普通の平凡な人生に無限の生きる喜びや幸せを見いだせるようになることにこそ,派手なパフォーマンスをすることよりも,自分が進むべき道をしっかりと見定め,その道を一歩一歩着実に歩み続けることにこそ,大切な時間やエネルギーを使いたいものです。(2020年8月14日)(1)(7)(14)(20)関連