実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は,すなわち,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。    私たちの土台を築いているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくありません。しかし,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

【実り多い幸せな人生に関する名言 65】

「人間は,その音声によって判断出来る,又それが一番確かだ,誰もが同じ意味の言葉を喋(しゃべ)るが,喋る声の調子の差異は如何(いかん)ともし難く,そこだけがその人の人格と関係して,本当の意味を現す」(「年齢」(『小林秀雄全作品 18』所収),新潮社)

 

◯私たちが他者を理解するのは,その人の言葉によってではなく,その人の行動によってです。もちろん,言葉によってその人を理解する部分もありますが,それは,その人が言ったり,書いたりしている内容というよりは,その人の言い方とか書き方という行動的(非言語的)な部分によるところが大きいのではないでしょうか。人間がつく嘘(うそ)は,その内容によってではなく,嘘(うそ)をつくときの仕草や口ぶりや声の調子などによってこそ見破られます。言葉は繕えても,行動には地が出やすいものです。(2020年4月24日)