実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は,すなわち,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。    私たちの土台を築いているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくはありません。しかし,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

【幸せに関する名言 273】

「それ(怒り)によってあなたは独断的になり,抑制が効かなくなり,衝動的になります。怒りによって,あなたは事を一般化しすぎたり,愚かな判断をしたり,時間やエネルギーを無駄にしたり,嫌いな相手のことで絶えず気をもんだり,友人を失ったり,愛する人を敵に回してしまったり,破滅的で,時には犯罪的な行動をしてしまったりします。」(『現実は厳しい でも幸せにはなれる』,アルバートエリス,齊藤勇訳,文響社

 

◯不平不満は怒りの準備段階と言えるが,不平不満を募らせれば,心の平安を見失い(心の眼が曇り),いま目の前にある幸せに気づくこと(あるがままの現実を見ること)さえ困難になってしまう。また,不平不満をこじらせれば,自分と他者を比較しては他者を妬み,他者を恨み,他者と敵対するようになってしまったり,やけを起こしては自制心を失い,衝動的に道を踏み外してしまったりすることにもなりかねない。心の平安を見失うことなく,他者と仲良く助け合いながら,正しい道を踏み外すことなく生きる喜びに満ちた幸せな人生を送るためには,足るを知ることにより,不平不満を募らせたり,不平不満をこじらせたりしないということが重要である。(2020年1月22日)