実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は,すなわち,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。    私たちの土台を作っているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくありません。しかし,それらによって私たちの人生のすべてが決まってしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。実際,過去を変えることはできませんが,現在や未来なら,自分の意志や努力によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志や努力次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,どのような現在・未来を実現しようとするのか,どのような心構えや心がけで生きていくのかを決めるのは自分なのですから,自分の人生に責任を持つ覚悟や,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志がある限り,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。        皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *小山大吉は,Amazonのアソシエイトとして,適格販売により収入を得ることが可能になっています。

【幸せに関する名言 253】

「不平は,内には私語,外には徒党となって現われるほかはない。それはしばしば,徒党によって怨望の対象への批判という形になって現われる。それ以外に「心の空洞」を満たすものがないから当然であろう。」(『小林秀雄の流儀』,山本七平文藝春秋

 

◯不幸な人は幸せそうな人を妬みやすく,自分と同じような不平不満を抱えた人たちと徒党を組み,幸せそうな人を批判し,見下すことによって鬱憤を晴らし,内面の満たされなさを紛らわせようとしがちである。しかし,幸せそうな人を批判し,見下したところで,そのことによって自分が幸せになれるわけではない。そのような不毛な人生を送り続けることに,いったいどのような意味があるのであろうか。たった一度きりの人生である。他者を批判し,見下すことにではなく,自分を幸せにすることにこそ,また,自分の幸せを他者と分かち合うことにこそ全力を注ぎたい。(2019年12月29日)

 

【幸せであるための方法】 - 幸せであるために