実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は短く,しかも,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。  私たちの土台を築いているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくはありません。しかし,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

【人はいかに生きるべきか 27】

「(精神分析的な)解釈は,それがいかに正確になされようと,クライアントに受け入れられ吸収される範囲においてのみ価値を持つに過ぎない。」(『ロジャーズ主要著作集 1 カウンセリングと心理療法 -実践のための新しい概念-』,末武康弘・保坂亨・諸富祥彦,岩崎学術出版社

 

◯人間は,自分が納得できることにしか耳を傾けようとはしない。たとえ耳を傾けたとしても,心はけっしてそれを受け入れようとはしない。真理も,それが真理だからといって,すべての人にただちに受け入れられるわけではない。真理を受け入れるのにも,人それぞれに機が熟するまでの相応の時間が必要である。(2019年5月26日)

 

【幸せであるための方法】 - 幸せであるために