実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は,すなわち,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。    私たちの土台を築いているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくありません。しかし,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

2019-09-06から1日間の記事一覧

【人はいかに生きるべきか 142】

「道徳も思想も芸術も,進歩の仮面を被(かぶ)って,実はみんな堕落の一と筋を辿(たど)って来たと思えてならぬ。」(「沼田多稼「日露陸戦新史」」(『小林秀雄全作品 14』所収),小林秀雄,新潮社) ◯人類は本当に進歩しているのだろうか。進歩してい…

【幸せに関する覚え書き 142】

◯不幸せな人は,他人と自分を比較したがり,そのことによってますます不幸せになっていく。それに対し,幸せな人は,他人と自分を比較することにあまり関心がなく,そのことによってますます不幸せから遠ざかる。不幸せな人は,幸せそうな人に対して妬みや恨…

【幸せに関する名言 142】

「自分はもう十分に幸福だったから,これ以上幸福であろうと願うのはちょっと欲張り過ぎかな・・・というふうに思えたら,人間は「お先にどうぞ」ということばを自然に口にすることができる。」(「道徳について」(ブログ『内田樹の研究室』所収)) ◯不幸…