実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は,すなわち,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。    私たちの土台を築いているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくありません。しかし,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

2019-08-30から1日間の記事一覧

【人はいかに生きるべきか 130】

「一人一人の雪かき仕事のような無名の,ささやかな献身の総和として,世界は辛うじて成り立っている。」(『もういちど村上春樹にご用心』,内田樹,文藝春秋) ◯そのような無名の献身に対する感謝の気持ちを忘れまい。と同時に,自らも可能な範囲で自分な…

【人はいかに生きるべきか 129】

「ぼくにとっては,仕事することそのものが報酬なんだから。」(『シャーロック・ホームズの生還』,コナン・ドイル,阿部知二訳,東京創元社) ◯このように思える仕事に就けることは滅多にないのかもしれないが,一方では,どのような仕事に就いたとしても…

【幸せに関する覚え書き 135】

◯誰もがその人なりの色眼鏡をかけて生きているのであり,そのことには何らかの必然性があるに違いない。しかし,たった一度の人生である。どうせ色眼鏡をかけるのなら,世の中を否定的に捉えるような色眼鏡ではなく,世の中を肯定的に捉えるような色眼鏡をか…

【幸せに関する名言 135】

「個人の思い込みは,一種の色眼鏡として作用して,その人の信念体系に合致するように,世界を勝手気ままに解釈してしまいます。」(『アドラー心理学 トーキングセミナー 性格はいつでも変えられる』,野田俊作,アニマ2001) ◯何らかの理由により世の…