実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は,すなわち,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。    私たちの土台を築いているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくはありません。しかし,それらによってすべてが決定されてしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。私たちには自由意志というものがあるのであり,過去を変えることはできませんが,現在や未来は自分の意志によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志さえあるなら,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!                                                   *なお,このブログの内容のほとんどは,電子書籍(Kindle版『実り多い幸せな人生を送るために』)の形で御覧になることもできます。

2019-08-19から1日間の記事一覧

【人はいかに生きるべきか 110】

「他人が自分の悪口を言っている時は,寝たふりをしているのがいちばんなんだ」(『雑文集』,村上春樹,新潮社) ◯人生は短いのだから,貴重な時間を使って,そんな他人の相手をする必要はない。反論する代わりに,自分がやるべきことに専念した方がよっぽ…

【人はいかに生きるべきか 109】

「怒りは炎のように燃え上がって自制心を焼き尽くし,後悔をもたらすような考えや発言や行動を起こさせます。・・・怒りは注意深い観察ができていないときにかぎって猛威をふるうものです。怒りが生まれたときには,その存在を確認し,注意深く観察しながら…

【幸せに関する覚え書き 125】

◯いろいろなことにわずらわされることなく,できるだけシンプルに生きたい。生きるのに最低限必要なものだけを大切にしながら,自分の人生をどんどんシンプルなものにしたい。そして,そのようなシンプルな暮らしの中に,生きる喜びや幸せを見いだしていきた…

【幸せに関する名言 125】

「「漁夫生涯竹一竿」(ぎょふのしょうがい,たけいっかん)・・・漁師は釣竿(つりざお)一本あれば生きていける・・・・・・。余分に蓄えることもない。地位も名誉も財産もなくても,釣り竿一本あれば,人にへつらうことなく,心豊かに生きていける。」(…