実り多い幸せな人生を送るために

真に人間らしく実り多い,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送るために

 人生は,すなわち,私たちがこの世の中で生きることのできるチャンスは,たった一度きりです。せっかくなら,生きる喜びや希望に満ちた幸せな人生を送りたいものです。そして,できることなら,幸せなだけでなく,真に人間らしく実り多い,自分にとってのみならず他者や社会にとっても有益な人生を送りたいものです。    私たちの土台を作っているのは,過去の経験,さらに言えば遺伝です。また,私たちが環境から受ける影響もけっして小さくありません。しかし,それらによって私たちの人生のすべてが決まってしまうわけではありません。私たちは過去の経験や遺伝や環境の奴隷ではありません。実際,過去を変えることはできませんが,現在や未来なら,自分の意志や努力によって変えることが可能です。また,環境を自分の思い通りに変えることはできませんが,自分を変えることは自分の意志や努力次第です。どのような過去を持とうが,どのような環境に置かれようが,どのような現在・未来を実現しようとするのか,どのような心構えや心がけで生きていくのかを決めるのは自分なのですから,自分の人生に責任を持つ覚悟や,人生を自分の努力によって切り開いていこうとする強い意志がある限り,実り多い幸せな人生を送ることは誰にでも可能であると私は信じています。        皆様の人生が,実り多い幸せなものでありますように!

2019-06-27から1日間の記事一覧

【人はいかに生きるべきか 58】

「弟子から「一生を通じて実行すべきことを一言でいえるでしょうか」と聞かれて,孔子は「それは思いやりだね。自分にしてほしくないことは,人にもしないことだ」と語っている。」(『もういちど読む 山川倫理』,小寺聡編,山川出版社) ◯自分がされたら嫌…

【幸せに関する覚え書き 74】

◯生きがいのない人生ならば生きている価値はない,生きる喜びはないという考えには,非常に驕(おご)ったものが感じられる。今ここでこうして生きていられることの有り難さに思い至るならば,感謝の気持ちが自然に湧き,価値のない人生や喜びのない人生など…

【幸せに関する名言 74】

「女性の更年期症状といわれるものは,たしかに内分泌系のバランスがくずれるためにひきおこされるものではあるが,そのきわめて多くの部分は生きがいの喪失という危機によるものと思われる。自分にはこれからなんの生きるよろこびがあるだろう,なんの値打…